ABOUT ME

日本語は、末尾をご覧下さい。

- Aki's tiny characters make filled the happiness -

 

" AKI SMILE " : the best known for his iconic language that seem s to have no beginning or end. 

わたしは、絵が好きです。

これからも、ずっと描いて生きていきたいです。

​大石暁規

  • Akinori Oishi Drawaholic
  • Akinori_Oishi

Akinori Oishi (大石暁規)

 

Character artist / born in 1972 Osaka, Japan

 

 

 

Akinori is an internationally acclaimed multimedia artist from Japan.  He studied fine arts at Kyoto City University of Art, and later developed skills in multimedia at IAMAS (International Academy of Media Arts and Sciences / Japan).   By his project of IAMAS, winning the New Talent Competition Award at MILIA (International Multi-media Fair in France) in 2001, he moved to France in order to continue his artistic career there. His work was featured in the opening exhibition of French contemporary art museum, Palais de Tokyo in Paris.  He later served as a guest lecturer at ECAL (Ecole Cantonale d’Art de Lausanne / University of Art and Design Lausanne) in Switzerland. In 2004, Akinori returned to Japan to teach at the Tama Art University in Tokyo.  Since his return, he has been active in the Japanese art scene, illustartions, and advertisements with Mitsubishi Electric, Uniqlo, Coca Cola Japan.  

 

Akinori’s innocent-looking characters are always affable to us for both children and grownups. In 2011, Akinori became the first Japanese artist featured on the cover page of Open Sky magazine on board Emirates Airline. In addition, he also worked on the Jingle animation for Yo Gabba Gabba 2010, Nickelodeon (US), and has been a regular guest speaker at Pictoplasma conference New York and Berlin, as internationally recognized for character art and design. In 2011 he was selected one of the best character artists of Asia (CUTOUT Magaizne / Malaysia) 2011.

 

In these years he works also for China, Hong Kong and Taiwan.  Jury members of Hiii Illustration Competition 2016 (Nanjing), Art Toy Figures / FluffyHouse (Hong Kong) and Syntrend department store, Fubon Art Foundation (Taipei).

Japanese :

 

大石暁規(おおいし・あきのり)

 

1972年、大阪生まれ。

 

 

京都市立芸術大学油画専攻、IAMAS 岐阜県立情報科学芸術アカデミー(現在名:情報科学芸術大学院大学)メディア・ラボ科修了。卒業制作インタラクティブ・イラストレーション作品が、カンヌ国際マルチメディア見本市Milia2001で新人賞ニュータレントを受賞。その受賞を切っ掛けに、渡仏。ヨーロッパを拠点に活動を始める。今では、伝説的なクリエーティブ・デザインスタジオとなったTEAMCHMANへ参加。イラストレーション、アニメーション、キャラクター・デザ イン等の多岐のデザイン・プロジェクトに従事。その傍ら、スイス・ローザンヌ州立美術大学(ECAL)でのメディア&インタラクション科にて教鞭をとる。

 

帰国後は、アーティストとして独立。名古屋造形大学や、多摩美術大学などでも講師を歴任し、教育に携わる。その純真無垢なアートのイラストレーション世界観は、ちいさな子供から 大人まで世界中の人々を魅了し、アラブ首長国連邦UAEエミレーツ航空の公式フライト誌 「オープン・スカイ」の表紙イラストレーションを日本人として初めて飾った。その他にもアメリカ子供向け人気番組Yo Gabba Gabbaのアニメーション制作など。欧州スロベニアでは、アニメーション・フェスティバル Animateka 2014(アニマテカ)にて、メイン・デザインを担当。国際作品コンペ審査員としても携わる。欧米では世界的注目度が高い、キャラクター・アート最高峰/国際カンファレンスPictoplasma(ピクトプラズマ・ベルリン)へ幾度となくゲスト・スピーカーとして招聘されている。

この近年は、欧米の他、アジア諸国での活動も多く、特に台湾では人気が高い。富邦藝術基金會(フボン銀行アート基金)やデジタル家電総合デパートで有名な三創生活パーク、ゲームソフト会社ガマニアなどのイベント・マスコット制作や数々のプロジェクトに関わる。

韓国ソウルでは、2014年の個展開催の後に、松坡区役所の才能寄与プロジェクトにて、ソウル市内の中学校にて壁画を制作し、感謝状を授与された。

自身のデザイン・アイデンティティー、アイコンとなっている「アキ・スマイル」が世界の人々と幸せを分かち合えるよう、創作活動に励んでいる。

lecture @ pictoplasma conference / berlin 

ピクトプラズマ・カンファレンス(ベルリン)にて講演 

Akinori Oishi © 大石暁規 - contact (お問い合わせ) : ceo@aki-air.com 

  • Black Instagram Icon